NEWS

ニュース

  1. HOME
  2. News
  3. ニュース
  4. 話題のサンダル、ミノサン。メジャーデビュー

話題のサンダル、ミノサン。メジャーデビュー

おしゃれが好きな人にとって、「おしゃれは足元から」そんな言葉を1度は耳にしたことがあるのではないだろうか。ファッション誌を開くと、「出来る男は足元から」そんなフレーズで靴の特集が組まれているのを目にする機会もある。夏のおしゃれといえば、やはり”サンダル”ではないだろうか。

日本人なら1度は目にしたり、履いたことのあるであろう馴染みあるサンダルが今、あの敏腕編集者”箕輪厚介”によって世界のファッションに1石を投じようとしているのである。

 

サンダルの正体

日頃から箕輪氏のツイッターを見るとサンダルを愛用している姿をよく目にしていた。今回、便所サンダル型の”ミノサン”手掛けたのも箕輪氏にとっては自然の流れだったのかもしれない。サンダルを履いて仕事に行きたい人への気遣いがツイートから伝わってくる。

7月上旬にオンラインショップにて販売開始されたミノサン。100円という価格で販売された白、青、黒のミノサン120足は、あっという間に完売。黄色だけ13万円という価格で1足だけ販売され、購入された方は”神様”と話題にもなっていたほどだ。

 

世界的アスリートが、ミノサン

なんと、メジャーで活躍するダルビッシュ有投手が”ミノサン”を履いていたのである。しかも、世に出回ってない黄色カラーの”ミノサン”を履いていたのだ。この写真によってメジャーデビューしたミノサン。次は、どんな人の足元へ届くのだろうか。楽しみである。

そして、サラリーマンという枠にとらわれず、次から次へと色々なことを手掛け関わる人だけでなく、見る人も魅了する箕輪氏の活動からさらに目が離せない。

 (UNPORTALISM編集部)


箕輪氏が手掛けるオンラインサロン”箕輪編集室”

https://community.camp-fire.jp/projects/view/34264

関連記事

SNSで最新情報配信