NEWS

ニュース

  1. HOME
  2. News
  3. エンターテインメント
  4. 【広島発フランスの奇跡】フランスで10年続く人気番組『Japan in Motion』の原点

【広島発フランスの奇跡】フランスで10年続く人気番組『Japan in Motion』の原点

インバウンドの現在を予測していたかのような日本ブームを作ったテレビ新広島

この10年の間に、訪日観光客は3,000万人を超え、街のあちこちで多くの外国人観光客を見かけるようになった。その勢いは2020年の東京オリンピックに向けて、ますます加速し、大半を占めるアジア諸国はもちろん、フランスを中心とした 欧米からの観光客も増えていくと見込まれてる。

そしていま、「アニメ」「Kawaii」「ファッション」といった現代の日本を象徴するものが外国人のイメージとして定着し始めている。
特にフランスは、日本の文化に興味関心を抱く若者が急増している。
なぜ急増しているのか?実はそこにはテレビ新広島(TSS)が大きく関わっていたのだ!

テレビ新広島関連の制作会社TSSプロダクションが、クールジャパン海外発信番組の先駆けとして、2009年にフランスにてレギュラー放送をスタートさせた「Japan in Motion」。
ニッポンをもっと好きになってもらうべく、時に真面目に時に面白く、観光・グルメ・歴史・ファッションなどあらゆる「今のニッポン文化」を発信し続けてきた。

ちなみに人気アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅさんを世界的人気へ押し上げたのも、実はこの番組のレギュラー出演がきっかけだ。

そんな「今のニッポン」に触れたフランス人の若者が、自国にはない文化に熱狂し、今もなお人気番組として愛されている。

原点はベストヒットUSA

フランス人が、なぜ広島発の番組に熱狂するのか?番組の転換期に担当し現在は営業と言う立場で側方から支援するテレビ新広島 営業本部 東京支社営業部副部長 亀井さんに話を伺うと
「ますフランスからするとキー局もローカル局も関係がありません。
元々フランスは親日な国で、昔から日本のアニメも放送していました。しかしフランスにいながら和食や旅行、ファッションといった日本の多種多様なコンテンツを知ることが難しく、『Japan in Motion』が自分たちでは手に入れられない日本の情報を紹介してくれる「動くガイドブック」ということで、フランスの方の心に刺さったのではないでしょうか。

僕は学生時代、小林克也さんの「ベストヒットUSA」がきっかけで洋楽に興味が生まれ、そこからファッションや文化といったアメリカ全てに憧れを抱きました。
フランスの方も子供の頃に見た日本のマンガ・アニメがきっかけで日本に興味をもち、日本のファッションや和食といったカルチャーに関心が高い人が多いと思います。そしてその関心の高さが番組が10年続く要因になっているかもしれません。

また、番組の象徴的な出来事として、広島の人でも車で行くような郊外にあるお好み焼き屋さんを紹介したのですが、番組を見たフランスの方が電車とバスを乗り継ぎ、わざわざそのお店に行かれたみたいで、お店のおばちゃんからも喜びの声をいただいたこともあります。フランスの方に楽しんでもらおうと思って番組制作しているのですが、広島の人にも喜んでもらえて、逆に僕たちが『Japan in Motion』を通じて様々な方から力を頂いています。
そして今は、フランスだけではなく、台湾をはじめとしたアジア7カ国で放送されています。」

日本文化のボリュームが爆発するJAPAN EXPO

そして4月から、「外国人にとって、もっと楽しく。暮らしやすい国になってほしい」という思いを込めて10年続く「Japan in Motion」が大幅リニューアル!!


日本を「知る」から日本に「住む」へ

「日本で楽しく暮らすための法則」をテーマに外国人・日本人の元気女子3人組が日本の生活・文化を調査体験し、外国人が日本で楽しく暮らすための法則を見つけ出す!

気になる初回は「ローカル電車に乗って日本の春を探しに行こう!」
山手線にはないローカル線ならではの味わい深さや魅力を伝えてくれている。

さらに、海外だけに興味深い情報をお伝えするのは勿体無いので、unportalismが今後も随時情報を発信していく!

「Japan in Motion」
テレビ新広島を始め、国内フジテレビ系列5局。フランスを始め、台湾・インドネシア・ミャンマー・モンゴルなどアジアでも絶賛放送中!!
http://www.tss-tv.co.jp/jim/

(UNPORTALISM編集部 )

関連記事

SNSで最新情報配信