タイトル

説明文説明文

UNPOTALという考え方

〜UNPORTALISMについて〜

世の中がどんどん二極化していく。マスと個。コミュニケーションの世界でも大きなポータルに情報が集約されていき、それこそが世間だと錯覚させる。個人の表現が今まで以上に力をもち、意見の多様性よりも一つの意見の民主制が優先される。そんな時代にあってもっと「ミドル」な関係はないのか?ポータルでもなければ個人でもない「ミドル」な場所、それがアンポータリズムなのです。

一般社団法人「未来のテレビを考える会」が提案する新しいメディアの形。テレビというマス、ポータル情報というマス。「未来のテレビ」を考えていたらこんな「ミドルメディア」の存在が必要なんだと思い至りました。知っていることも知らないこともないまぜに、興味あることもないことも内包して。

常識、非常識の二元論にはない「異常識」世界の許容。

そんなUNPORTALISMに賛同してくれる方たちが増えています。二元論では実現できない本当の人間のあるべき姿。これからのUNPORTALISMにご期待ください。

    一般社団法人 未来のテレビを考える会