NEWS

ニュース

  1. HOME
  2. News
  3. ニュース
  4. 【週末の美魔女】澤口貴子さん:美しい姿勢、心地よい美しさ

【週末の美魔女】澤口貴子さん:美しい姿勢、心地よい美しさ

世に美魔女と呼ばれる人たちがいる。
彼女たちはたまたまの美貌に恵まれた訳ではなく、
自分に向き合い「美しさ」に向き合ってきたからこそ
他の誰よりも輝いている

【美魔女グラビア】
週末の美魔女美しく生きている人を特集します。

エステサロンで女性をキレイに整えるビューティーセラピストの澤口貴子さんに人生における3つのポイントについて聞いてみました。

1.天職であるエステの仕事

一見おとなしそうに見える貴子さんだかお仕事の話になると目つきがキリっとする。「2004年7月に当サロン アロマ&エステサロン沢を起業しました。手から伝わるパワーを大切にすることで並み居る様々なエステサロンとは一線を引いてオリジナリティが発揮できているのではと思っています。15年間に亘りオールハンドにこだわって営んでおります。女性が毎日をご機嫌に過ごすお手伝いはなんなのかをオールハンドを通じて考えています。」女性をご機嫌にすること、苦労も多いはずだが貴子さんからは、充実感に満ちた自信がみなぎっていた。

「セラピストは重労働ではありますが、身体と心の強張りをゆるめ解放してもらえるこの仕事に誇りと、また私を必要としてもらえることに感謝しています。 」与える仕事なのに感謝の気持ちを忘れない、それこそが美しさへのヒントなんだろう。

2.自分の人生は自分で切り拓く

貴子さんの人生の考えかたそれは、「仕事、プライベート、人間関係、すべて今の自分が切り拓き、積み重ねてきたもので、何事も他人や環境のせいにすることなく、受けとめることを心がけています。 」常に自分を軸に物事を捉えること。その連続の中から、貴子さんの内面の美しさが磨かれていくんでしょうね。

「大阪のど真ん中 梅田の地で15年サロン運営をさせていただけますのも、温かなつながりを大切にし、皆さんに応援してもらえるお陰であります。 」

3.すこやかに生きる。自分らしく生きる

いいことばかりが人生ではない。貴子さんも例外ではなく病気に見舞われたことも。「4年前に病気をし、半年間の休業を余儀なくされたこと。同居の父の闘病生活を働きながら支え、その後見送った経験から何事も当たり前ではなく、毎日仕事ができ笑顔で過ごせるのはとても有り難いことだと気付くことができました。

ちょうど45歳となり体調が揺るぎやすい年齢に差し掛かってきましたので、身体の内側からのSOSサインを見逃さず、自分を大切に。私らしく。これからも生きていきたい! 」苦しみが理解できるからこそ感謝もひときわ大きくなるんですね。

貴子さんの美しさの秘訣は?

姿勢、後ろ姿、食べ姿無意識化における姿こそ真の私!

〇姿勢:例えば、疲れきって電車に乗っている時の姿勢が、背中や腰は曲がってはないか。また立っている時と歩行時、お腹のチカラ(体幹)が抜けないように姿勢を常に心がけています。

後ろ姿: 自分の後ろ姿は客観的に見えにくい部分ここに日々の疲れや不調を起こす原因、年齢が出やすくなるので、セラピストとして後ろ姿の大切さをお伝えしています。

食べ姿:サロンワーク中は忙しさもあり、時には食事をかきこむように早食いになっちゃうこともあります。私たちの身体は食べたもので作られています。高級レストランの食事やサプリメントよりも、毎回の食事を楽しみながらいただくことの方が何よりの栄養となります。毎日をご機嫌さんに!どのようにすれば心地よいのか。心地よい美しさを大切に生活しています。

■澤口 貴子プロフィール

アロマ&エステサロン 沢 主宰・ビューティーセラピスト

・澤口 貴子 Facebook(https://www.facebook.com/aromasawa

・澤口 貴子インスタグラム(https://www.instagram.com/aromasawa/

アロマ&エステサロン 沢 HP http://www.aroma-sawa.com/

(unportalism編集部)https://unportalism.com/

関連記事

SNSで最新情報配信